PC-CIRCLE
kbDoc

このサイトはkbDocで作成しました

kbDocの特徴

ネットワークで共有する
アイデアプロセッサです

HTMの知識は必要ありません
コンテンツを作成する人は、内容に集中できます


知識ベースを構築します
業務知識や関連文書はデーターベースに一元化して活用できます
会議資料、計画書・報告書は、相互リンクを保持している事が大切です


サイトを構築できます
ツリー構造を基に、Webサイトを構築できます。配色・ロゴ等のデザインや、サイトのメンテナンスからFTPへの同期まで、操作は簡単です

EPubに出力できます
電子書籍に出力すれば、iPad等のリーダーで読むことができます
社内通達・社内報・業務運用マニュアル等で、Epub書籍は今後利用度が高まります


ノード単位で入出力できます
各文書は固有のIDを持っています。ノード単位でエクスポート・インポートを複数回行っても、二重化しないでマージされますので、分散しての作業が可能です

kbDocの利用

会社の業務マニュアル

複数の部門で並行してページを作成できます
多重参照が可能なので、文書を二重化させないで、対象者別のマニュアルを作成する事ができます


業務知識・製品知識
より専門的な部分は、取引先等で作成してもらいマージする事もできます
製作コストも抑えられ、内容が風化せず、最新の状態を維持できます


自社サイト、又は追加部分
既にサイトをお持ちの場合でも、より詳細な追加ページを自社で作成する事で、経費を抑え、修正が即時に対応できるようになります
新規にサイトを開く場合でも、ある程度自社努力でコンテンツの骨子を作成してから、純粋にデザイン部分だけ外注すると、工数もコストの抑える事ができます


地域振興マップ作り
ホテルの施設案内だけではなく、散策コースや、史跡・自然・暮らし・産業等、多くの人の協力で、地域全体のコンテンツを作る事ができます

趣味のガイドブック
サイクリング、山歩き、釣りなどエコなスポーツの輪を広げるガイドブックをEpubで作成して情報交換できます

個人で使用
自分の考え等を、文書で表現する能力は、会話能力やプレゼンテーションの能力も向上させます
特に学生の方にお勧めです


kbDocのお求め

      kbDocはシェアウェアです
      \4,500(1ライセンス) です
      Vectorでお求めになれます

  導入サポートも行っています
title

ExeとXls(Xlsm)

pcCircleの実用ツールはExe(実行ファイル)形式と、Xls又は xlsm (エクセルブック)形式の2種類あります
会社で使うエクセルアプリケーション
会社で使う業務アプリケーションは、エクセルアプリケーションが最適だと思います

エクセルが動くPCであれば、インストールという作業が不要
(pcCircleのツールの場合 Excel2000の場合は最新のサービスパックを充てて下さい)
複数のPCにインストールをするのは、手間であると同時にリスクを伴います
OSも様々で、既にインストールされているアプリケーションも、それ以外の状態も様々で、インストール・アンインストールによってトラブルが発生する可能性があります 又は、それが原因ではなくても、疑われる可能性もあります
会社のPCであれば、できればインストールという作業は避けて、ファイルの配布だけで済ませたいものです

エクセルアプリケーションはすぐに慣れる
アプリケーションの運用コストとして、ソフトの代金よりも重いのが、導入教育ですが、エクセルであればヘルプだけでも慣れます
いくつものアプリケーションの操作を覚え、慣れるのにかかる時間がずっと少なくて済みます

広い画面のモニタに、サイズの小さいアプリケーションで使いにくさを感じたりしないで済みます
フォントサイズや列幅・行高や全体のズームも含めてユーザーの好みにあわせる事ができます

データーを活用できる
多くのExe形式のアプリケーションが CSV出力でエクセルで活用できるようになっていますが、CSVデーターからドキュメントを作成するという方法自体が無駄な時間をかけています
エクセルアプリケーションであれば、操作画面から、Htm・Pdf等に出力して共有できます
又、欲しい部分だけ他のシートにカット & ペーストするのも簡単です

エクセルから外部データーベースにアクセス
操作性で、エクセルアプリケーションは、使いやすいのですが、アクセスアプリケーションに比べて機能が劣ると考えている人がいますが、エクセルから外部データーベースにアクセスする方が、明らかに良い方法です
アクセスのMDBにフォームやレポートを作成し、このアクセスアプリケーションをネットワークで共有するプログラムが多くありますが、ごく数台のPCでの運用でないとトラブルが発生します (ネットワークを介して、一つのMDBファイルを共有している状態です)
エクセルから外部データーベースとして、アクセスを使用する場合は、MDBにはフォームやレポートは作らずに、データーベースエンジンとして、データーベースサービスを共有しているだけです
この方法であれば、ファイル共有でMDBファイルが壊れる事もありませんし、SQL Server等への移行もスムーズです

エクセルアプリケーションと保存
データーそのものは、外部のデーターベースに保存されますので、終了時は上書き保存は不要です
ただし、出力範囲の書式等を変更した場合は上書き保存して下さい

エクセルブックは修正・保存を繰り返していると次第にファイルサイズが大きくなるので、できるだけ上書き保存しないで終了して下さい
抽出リストの状態をそのままで保存したいという状況もあると思いますが、シートに保存されたリストは最新の物とはかぎらないので、実際のデーターベースの内容と食い違う事もありえます
その為にも、初期状態のまま(シート入力されていない)にしておいて、初期状態で開くようにして下さい
多彩な機能のExeアプリケーション
画像や文書処理など多彩な機能が求められる場面では、やはりExe形式が有効です
pcCircleのExe形式のインストローラーは、MSI形式となっています
MSIは、マイクロソフトウィンドウズ インストローラーバッケージの事で、安全なインストローラーです
尚、Exe形式の場合は、Vista以降いろいろと作法が厳しくなっています
UAC(ユーザーアカウント制御)を有効にした場合は、UACに関する多少の知識が必要のようです
詳細は以下のページを参照して下さい
 
セットアップ補足    ZIPを展開して使う   UACとデータ

前のページへ     このページの先頭へ     次のページへ