PC-CIRCLE | 画像関連の操作
kbDoc

このサイトはkbDocで作成しました

kbDocの特徴

ネットワークで共有する
アイデアプロセッサです

HTMの知識は必要ありません
コンテンツを作成する人は、内容に集中できます


知識ベースを構築します
業務知識や関連文書はデーターベースに一元化して活用できます
会議資料、計画書・報告書は、相互リンクを保持している事が大切です


サイトを構築できます
ツリー構造を基に、Webサイトを構築できます。配色・ロゴ等のデザインや、サイトのメンテナンスからFTPへの同期まで、操作は簡単です

EPubに出力できます
電子書籍に出力すれば、iPad等のリーダーで読むことができます
社内通達・社内報・業務運用マニュアル等で、Epub書籍は今後利用度が高まります


ノード単位で入出力できます
各文書は固有のIDを持っています。ノード単位でエクスポート・インポートを複数回行っても、二重化しないでマージされますので、分散しての作業が可能です

kbDocの利用

会社の業務マニュアル

複数の部門で並行してページを作成できます
多重参照が可能なので、文書を二重化させないで、対象者別のマニュアルを作成する事ができます


業務知識・製品知識
より専門的な部分は、取引先等で作成してもらいマージする事もできます
製作コストも抑えられ、内容が風化せず、最新の状態を維持できます


自社サイト、又は追加部分
既にサイトをお持ちの場合でも、より詳細な追加ページを自社で作成する事で、経費を抑え、修正が即時に対応できるようになります
   新規にサイトを開く場合でも、ある程度自社努力でコンテンツの骨子を作成してから、純粋にデザイン部分だけ外注すると、工数もコストの抑える事ができます


地域振興マップ作り
ホテルの施設案内だけではなく、散策コースや、史跡・自然・暮らし・産業等、多くの人の協力で、地域全体のコンテンツを作る事ができます

趣味のガイドブック
サイクリング、山歩き、釣りなどエコなスポーツの輪を広げるガイドブックをEpubで作成して情報交換できます

個人で使用
自分の考え等を、文書で表現する能力は、会話能力やプレゼンテーションの能力も向上させます
特に学生の方にお勧めです


kbDocのお求め

      kbDocはシェアウェアです
      \4,500(1ライセンス) です
      Vectorでお求めになれます

  導入サポートも行っています
title

画像関連の操作


これ以降のページは、本文から参照される内容の物なので、ここでは簡単なインデックスだけ記入します

トリミング

トリミング

デジカメで撮影した画像を利用する時に、一番最初に使われる事が多い処理がトリミングです
画像の欲しい部分だけ切り取ります
設定→マウスドラッグ→矩形選択になっているか確認をして下さい 設定と初期値
取り込みたい画像の左上から右下にマウスをドラッグさせて範囲を指定します
範囲指定後に、指定範囲の枠を調整する事ができます
範囲が確定したら、右クリックしてトリミングを指定します

サイズの調整
あらかじめ、トリミングの枠を設定した後に、枠の位置・サイズを微調整することができます

リサイズ

リサイズ
任意のリサイズ
あらかじめ、登録されているサイズにあわせるのではなくて、画面上で枠を指定してそのサイズ内に収める方法です

範囲の登録

範囲の登録
ワード・エクセルの文書に、複数の製品の画像を貼り付けるような場合に、サイズが統一されている方が見やすくなります
特に、Webページで使用する場合には、Htmで表示サイズを拡大・縮小すると、劣化したり、必要以上に大きなファイルをダウンロードすることになります。 サイズも統一されていたほうが、ずっときれいです

範囲強調

範囲強調
範囲を指定して、その部分だけ強調したい場合があります
例えば、下の図で、システムのプロパティで、パフォーマンスの設定を説明する場合にURLとマウスカーソルがおかれている部分を、強調すれば、説明がわかりやすくなります

綴じ込み

綴じ込み
綴じ込みは、画像の端ではなくて、内側を閉じこんでしまう機能です
(特に操作説明書等を作る人には便利です)

回転

回転
一般的な回転の指示としては・左右反転・上下反転・右90度・右180度・左90度・左180度が指定できます こられは主にカメラで撮影した時の大雑把な回転です
詳細な回転指定
ここでは、画像に合わせた、回転の説明をします

色数の指定

色数の指定
目的に応じた色数の画像にすることで、画像そのものと、貼り付けた文書の読込み・印刷が早くなります
プルダウンメニュー又は、右クリックでメニューを表示して 色数→指定色数で指定して下さい

補正

補正
ノイズ除去
おおよそのレベルでノイズ除去を行う場合は、右クリックから 補正→ノイズの除去を指定して下さい
淵を滑らかに アンチエイリアス処理を行います

効果

効果
pcEdLは、画像をオフィス文書やWebページで使用する為に、補正・加工するのが主な目的なので、特殊効果や、ツールバーを使用した処理は例外的なものだと思います
それぞれ、、右クリックからの指定もできますが、以下では詳細からの指定で説明します

ツールバー

ツールバー
pcEdLは、画像作成より、補正・加工に重点を置いているので、補正・加工でよく使う機能をすばやく実行する事を優先していますその為、作成や描画等の機能はツーツールバーを表示してから実行します

設定と初期値

設定と初期値
更新確認等
初期値は、画像が更新されて閉じる時に更新の確認を行います
しかし、多量の画像を続けて補正する場合の為にユーザー設定となっています

拡大表示とパンウィンドウ

拡大表示とパンウィンドウ
ズームの指定
実寸表示が指定されている場合、拡大表示のメニューでズーム設定できます

ファイル操作

ファイル操作
ファイルを開く
扱うファイル形式はBMP・JPG・TIF・PCX・FPX・PNG・GIF・JP2・JPC・J2K・WMF・EMF・DXF・SVG・SFC等ですが、WMF等のベクタイメージファイルでは、加工等に制約があります

編集の取消 1

編集の取消 1
上の例では、まず画像をトリミングして、次に色をグレーにしています
アンドゥ(編集の取消)とは、一つ前の状態に戻す処理です

編集の取消 2

編集の取消 2
ツールバー使用時のアンドゥ
ツールバーでの作業時には、上のブルダウンからの指示の編集取消と、右クリックでの編集取消は異なる動作となります

ベクタ画像の貼り付け

ベクタ画像の貼り付け
ラスタ画像をクリップボードから貼り付ける
ベクタ画像は、図形を結ばれた線で表します。 その為画像サイズを拡大・縮小しても画像は劣化しません
ラスタとベクタ
ベクタ画像を、ラスタ画像として取り込む場合は、ベクタ画像の時点でサイズを確定した方が、劣化が少なくてすみます

範囲登録(詳細)

範囲登録(詳細)
選択・切取サイズの登録
選択・切取りサイズの呼び出しと、追加・修正登録は、右クリックのメニューから「選択範囲」を指定します
すでに、範囲が登録してある場合は、ポップアップに表示されています
追加・修正・削除を行う場合は、範囲の登録を指定して下さい

リサイズ 2

リサイズ 2
選択範囲の矩形は、実寸表示の時と(上左の絵)と、スケール表示の時(上 右の絵)では、表示されるサイズが異なります
これは、矩形が、実際の画像と同じ比率になるためです
そのため、トリミング等の処理では、予想した通りの処理になりますが サイズを指定しての、リサイズをスケール表示で行った場合は、多少わかりにくい動作になります

補正・効果

補正・効果
画像の補正や効果の処理では、値をセットしたり、レベルの値を変えるたびに、指定に対応した画像を再表示します

画像編集の補足

画像編集の補足
解像度
解像度とは、画像を画面に表示又は、印刷する時にどの位の情報量を送るかという設定です

画面のキャプチャ

画面のキャプチャ
Print Screenキーを押すと、スクリーン全体の画像データーが、クリップボードに格納されます
Altキ-を押しながらPrint Screenキーを押すと、現在のフォームの画像データーが、クリップボードに格納されます

「送る」 SendTo

「送る」 SendTo
「送る」は、エクスプローラー等の右クリックのメニューから呼び出せる Windowsの機能です
エクスプローラー等のファイラーで指定したファイルを、指定したアプリケションに送ります

前のページへ     このページの先頭へ     次のページへ