PC-CIRCLE | トピックス
kbDoc

このサイトはkbDocで作成しました

kbDocの特徴

ネットワークで共有する
アイデアプロセッサです

HTMの知識は必要ありません
コンテンツを作成する人は、内容に集中できます


知識ベースを構築します
業務知識や関連文書はデーターベースに一元化して活用できます
会議資料、計画書・報告書は、相互リンクを保持している事が大切です


サイトを構築できます
ツリー構造を基に、Webサイトを構築できます。配色・ロゴ等のデザインや、サイトのメンテナンスからFTPへの同期まで、操作は簡単です

EPubに出力できます
電子書籍に出力すれば、iPad等のリーダーで読むことができます
社内通達・社内報・業務運用マニュアル等で、Epub書籍は今後利用度が高まります


ノード単位で入出力できます
各文書は固有のIDを持っています。ノード単位でエクスポート・インポートを複数回行っても、二重化しないでマージされますので、分散しての作業が可能です

kbDocの利用

会社の業務マニュアル

複数の部門で並行してページを作成できます
多重参照が可能なので、文書を二重化させないで、対象者別のマニュアルを作成する事ができます


業務知識・製品知識
より専門的な部分は、取引先等で作成してもらいマージする事もできます
製作コストも抑えられ、内容が風化せず、最新の状態を維持できます


自社サイト、又は追加部分
既にサイトをお持ちの場合でも、より詳細な追加ページを自社で作成する事で、経費を抑え、修正が即時に対応できるようになります
   新規にサイトを開く場合でも、ある程度自社努力でコンテンツの骨子を作成してから、純粋にデザイン部分だけ外注すると、工数もコストの抑える事ができます


地域振興マップ作り
ホテルの施設案内だけではなく、散策コースや、史跡・自然・暮らし・産業等、多くの人の協力で、地域全体のコンテンツを作る事ができます

趣味のガイドブック
サイクリング、山歩き、釣りなどエコなスポーツの輪を広げるガイドブックをEpubで作成して情報交換できます

個人で使用
自分の考え等を、文書で表現する能力は、会話能力やプレゼンテーションの能力も向上させます
特に学生の方にお勧めです


kbDocのお求め

      kbDocはシェアウェアです
      \4,500(1ライセンス) です
      Vectorでお求めになれます

  導入サポートも行っています
title

トピックス

トピックス
れ以降のページは、本文から参照される内容の物なので、ここでは簡単なインデックスだけ記入します

画像ファイル
一般的に使われる画像の種類と、浅い知識(PC技術者向けでない)を記述してあります

ラスタとベクタ
ビットマップ(Bmp)・ジェイペグ(Jpeg)・ジフ(Gif)・ピング(Png)等が代表的なラスタ画像は、画像を点の集合としてデーターを捕らえます。 尚この点の色データーが 白・白・白・白・白・白・白と並んだ時に例えば白が横に7個といっと方が簡単で、この工夫で圧縮という技術があり、ジェイペグなどはビットマップよりファイルサイズが小さくなります
一方、ベクタ画像は図形を結ばれた線で表します 理科で出てきたベクトル(方向・ 矢印)で絵を描くような感じです

画像と解像度
解像度(dpi)= 縦(横)のピクセル数 / 縦(横)の印刷サイズ(インチ)
わかりにくいのですが、画像の密度の事です

エクセルと画像
正確には、エクセル・ワード等の文書が扱う画像についてですが、エクセルが画像をレイアウトしたりするのにとても、便利なので、ここでは「エクセルと画像」としました

エクセルで簡易グラフ
エクセルには、高機能のグラフツールがあるので、これを使えばいろいろなグラフをシートに挿入する事ができます
しかし、行数の多いデーターを分かりやすく表現したいとか、紙面のスペースをあまり占有しないで数値をわかりやすくしたい場合があります

フォントを使った簡易グラフ
簡易グラフを使う目的については、前ページ エクセルで簡易グラフ を参照して下さい
主に、ワード文書のレポート等に、紙面をあまり割かないで、分かりやすい表+グラフを挿入したい場合を想定しています
ここでは、フォントを使った簡易グラフを説明します このフォント(PC-KanniGrph) はPC-Circleのダウンロードページからダウンロードする事ができます 

ワードパッドと画像
仕事での文書がほとんど DOC形式に統一されて、RTF(リッチテキスト)形式で文書を扱うワードパットはあまり使われなくなったと思います
起動が早い、必要な機能しかもっていないので、ワードパットも併用する人もいます
又、リッチテキストを使った文書関連のフリーソフトもあるし、Windows7では新しくなりました

JPEG2000
PEGで保存すると、上の文字のように多少滲んだ感じになってしまいます
無圧縮のPNGで保存すると、このような滲んだ感じにはなりませんが、ファイルサイズはさほど小さくはなりません
JPEG2000は、このような劣化を回避できて、高圧縮も可能となっています

前のページへ     このページの先頭へ     次のページへ