PC-CIRCLE | 文書とナリッジ
kbDoc

このサイトはkbDocで作成しました

kbDocの特徴

ネットワークで共有する
アイデアプロセッサです

HTMの知識は必要ありません
コンテンツを作成する人は、内容に集中できます


知識ベースを構築します
業務知識や関連文書はデーターベースに一元化して活用できます
会議資料、計画書・報告書は、相互リンクを保持している事が大切です


サイトを構築できます
ツリー構造を基に、Webサイトを構築できます。配色・ロゴ等のデザインや、サイトのメンテナンスからFTPへの同期まで、操作は簡単です

EPubに出力できます
電子書籍に出力すれば、iPad等のリーダーで読むことができます
社内通達・社内報・業務運用マニュアル等で、Epub書籍は今後利用度が高まります


ノード単位で入出力できます
各文書は固有のIDを持っています。ノード単位でエクスポート・インポートを複数回行っても、二重化しないでマージされますので、分散しての作業が可能です

導入サポート致します

(株)サークルでは、導入サポードを行っています

現在Webサイトをお持ちでない方は、Webスペースを確保して、ファイル転送の設定をするのは、少し難しく感じられると思います。
Webスペースは、現在契約しているプロバイダーのサービスを利用するのが一番良いでしょう
次に、データーベースですが、文書入力するPCが2~3台であれば、アクセスで十分です
それ以上であればMSDE (SQL Server の無償で提供されるバージョンです)から初めても良いでしょう


個人でご利用
1台のPCにインストールして、データーベースはアクセスを使用します
FTP等の環境設定と、簡単なレッスンを行います
pcEdA を使った画像の操作と、実際にロゴ画像と、タイトル画像を作成し、テンプレートファイルを作り、FTPに転送するまでを行います


法人でご利用
文書入力を行うPCに、kbDocをインストールします
データーベースの環境設定と、Webスペースの設定を行います
必要に応じて、読込専用のPCに kbDcRをインストールします(これはライセンスフリーです)
集合で、簡単なレッスンを行います


title

文書ナリッジ

kbDocは、アィデアプロセッサと知識ベースの両方の機能をもち、データーの活用としてサイト構築、Epub形式での電子書籍への出力や、ノード単位でのデーターのエクスポート・インポート等を簡単にできます
kbDocで、構築した文書データーベースを活用する周辺のツールも揃えています 
[image]

kbDoc
  シェアウェア

HTMやEpubの知識を必要としないで、Webサイトや、Epub(電子書籍)を作ることができます 
Epub
法人や団体のナリッジ(知識ベース)を構築する目的で作られていますが、個人でアイデァプロセッサとしても使えます

文書データーベースを、LAN上に配置する事で、共同作業でナリッジやサイトを構築できます 
SQLServerでの運用

Web出力は、フレームを使った物から、このサイトの様に、外部CSSでデザイン処理ができる物と使い分ける事ができます
配色を選定し、透過形式のロゴやタイトル画像の作成の画面も用意してあるので、特別な知識は必要としません 
テンプレートを編集

ナリッジ(知識ベース)を分散PCで作成する事ができます
例えば、ブティックの商品知識のナリッジを構築する際に、裏地やボタン等の専門性の高い部分はそれぞれのメーカーで構築したナリッジの一部を取り込むという事が可能です 
文書dbに出力
供給元で更新された場合でも、自動的に照合されマージされます(各文書が内部IDを持っています) 
文書のマージ
[image]
Web出力以外でも、アウトライン形式のワード文書や、PDF・Epubに出力できます 
文書に出力
Epub形式の電子書籍は、今後更に普及するでしょう 
Epub
(業務マニュアルや、社報等はエコ・経費削減の意味からも電子書籍化すると思います)

Web出力では、差分の一括更新や、リンクのチェック、使用されなくなったページや画像のチェック等のメンテナンス画面やFTP転送の設定も用意されています

ナリッジの更新からデザイン変更・サイトの更新・FTP転送まで、特別な知識を必要としません 
LANで構築
[image]
kbPRJ
シェアウェア

対話型のナリッジベースです
文書をツリー構造に分類して、ネットワークで共有します 
ツリー構造が、Webページのナビゲーションメニューや Epubの目次、ワードへ一括出力のアウトラインに対応します

それぞれの文書は、作成者情報を持ち、ログイン時の認証によって編集権限が制約されます
文書ページに対して、投稿(質問や意見)を記入する事ができます

各文書は、最新公開日時の情報を持っているので、文書の未読・既読、あるいは読んだ後で更新された物を識別できます
又、文書の作成者も自分が記入した文書への投稿の未読・既読を識別できます
[image]
kbEpub
シェアウェア

kbDocのパーソナル版です 

使用する文書データーベースはkbDoc kbDcRと同一形式なので、相互に利用できます 
kbDoc   kbDcR
kbDocやkbPrjとノード単位でのインポート・エクスポートができるので、作業分担できます

個人で使用するのに適していますが、kbDocやkbDcR・kbPrj等と連携して使うと効果的です
[image]

kbDcR
(FREE)

kbDocの文書データーベースのリーダーです

ネットワークで文書データーベースを共有した場合に、読込専用ユーザーのフログラムです
(ナリッジ構築のプログラムはシェアエェアですが、読込専用プログラムはフリーウェアです)
文書データーベース内の検索や、全体に目を通すといった機能もあります
ページを指定しての起動もできるので、エクセル等で作成した、業務プログラムのマニュアルとしても使用できます
[image]
rtDoc (FREE)

kbDocと同じ操作性をもつ、簡易ワードプロセッサーです
ワード文書との読み・書き HTM形式やPDF出力もできます

外部の文書データーとして、ナリッジビルダの文書データーベースを指定する事で、相互利用が可能です
ナリッジビルダでは、時系列型のノード指定というのがあります
通常は、部章節型ですが、例えば、事故報告のようなノード(文書データーベースの枝)は、そこに時系列で文書データーを蓄積していく性格です
この時系列型のノードへrtDocからページを追加する事ができます
例えば、文書データーベースの、顧客クレームの文書の雛形を取り込んで、それを元に顧客クレームの報告文書を作成して、文書データーベースに追加するといった利用です

又、軽量のdoc形式のファイルを作るので、pcCircleのビジネスツールの伝票のカスタマイズとしても使用されます (例えば、売り上げ伝票をカスタマイズして自社名やロゴを入れる等)
[image]
rtHtm (FREE)

簡易のHTMエディタです
主にイントラで公開する、簡単な文書を作りたい時に使用します
あらかじめ、タイトル見出し・見出し・本文等のスタイルを設定するので、統一感のある素直なHTMを作ることができます

前のページへ     このページの先頭へ     次のページへ