PC-CIRCLE | adAtena
kbDoc

このサイトはkbDocで作成しました

kbDocの特徴

ネットワークで共有する
アイデアプロセッサです

HTMの知識は必要ありません
コンテンツを作成する人は、内容に集中できます


知識ベースを構築します
業務知識や関連文書はデーターベースに一元化して活用できます
会議資料、計画書・報告書は、相互リンクを保持している事が大切です


サイトを構築できます
ツリー構造を基に、Webサイトを構築できます。配色・ロゴ等のデザインや、サイトのメンテナンスからFTPへの同期まで、操作は簡単です

EPubに出力できます
電子書籍に出力すれば、iPad等のリーダーで読むことができます
社内通達・社内報・業務運用マニュアル等で、Epub書籍は今後利用度が高まります


ノード単位で入出力できます
各文書は固有のIDを持っています。ノード単位でエクスポート・インポートを複数回行っても、二重化しないでマージされますので、分散しての作業が可能です

kbDocの利用

会社の業務マニュアル

複数の部門で並行してページを作成できます
多重参照が可能なので、文書を二重化させないで、対象者別のマニュアルを作成する事ができます


業務知識・製品知識
より専門的な部分は、取引先等で作成してもらいマージする事もできます
製作コストも抑えられ、内容が風化せず、最新の状態を維持できます


自社サイト、又は追加部分
既にサイトをお持ちの場合でも、より詳細な追加ページを自社で作成する事で、経費を抑え、修正が即時に対応できるようになります
新規にサイトを開く場合でも、ある程度自社努力でコンテンツの骨子を作成してから、純粋にデザイン部分だけ外注すると、工数もコストの抑える事ができます


地域振興マップ作り
ホテルの施設案内だけではなく、散策コースや、史跡・自然・暮らし・産業等、多くの人の協力で、地域全体のコンテンツを作る事ができます

趣味のガイドブック
サイクリング、山歩き、釣りなどエコなスポーツの輪を広げるガイドブックをEpubで作成して情報交換できます

個人で使用
自分の考え等を、文書で表現する能力は、会話能力やプレゼンテーションの能力も向上させます
特に学生の方にお勧めです


kbDocのお求め

      kbDocはシェアウェアです
      \4,500(1ライセンス) です
      Vectorでお求めになれます

  導入サポートも行っています
title

adAtena Ver2.1

-----  FreeSoftです ダウンロードは右記ページから   ダウンロード
adAtenaの使用目的
[image]

CSVファイル又は、エクセルから呼び出して使用します
adAtenaにCSVデータを送り、それを元に宛名印刷をします
送るデーターの形式、住所が県名・市区郡・町名等と分かれている場合や、一緒の場合
勤務先・部署・名前等の分け方が多様な場合でも、対応できます
企業内個人の宛名
世帯内個人の宛名と違って、企業内個人の宛名は、各項目の長さに大きな差異があります
例えば、住所は短いけれど、部署・肩書がとても長い場合や、反対に住所部分がとても長い場合があります
このような場合に、一般の差込印刷で
・・・都道府県名 + 市区郡 + 町名
・・・地番 + ビル名
・・・勤務先 + 事業所 + 肩書き
・・・名前    というように、分けて位置を指定するととてもバランスが悪くなります
このような場合の対処方法として、あらかじめ、住所1・住所2・住所3・住所4と宛名印刷用に分割していまう事があります
例えば、すべて1種類のラベルで対応するような場合は良いかも知れませんが
業務プログラムのデーターをそのままでは使えなくなりますし、手間がかかります
配置の最適化
adAtenaでは、いろいろなデーターの形式に対して、印刷時に宛名配置の最適化を行います
印刷対象毎に、住所や名前に割り当てる行数も、文字数も変わってきます
それらに応じて、住所と名前を、設定に応じて、自動的に最適化して割り振ります

[image]
Ver1.2 からの更新
名前に含まれる敬称を設定できるようにしました 敬称と宛名
adAtenaにデーターを送る場合に敬称は省略できます
エクセル等でデーターを作る場合に、敬称を入れるのは手間ですし、殆どが「様」です
敬称の指定を省略した場合には、自動的に「様」がつきますが、敬称に先生をつけたい場合には、名前に山田 先生と入力して下さい
「先生」を名前に含まれていたら重複している敬称として宣言すると、その部分を敬称として認識します (先生様にはしません)
又、連名で、山田 太郎 先生・花子 とデーター登録してあった場合には、山田 太郎 先生 / 花子 様と連名になります
例外時だけ、名前に、スペース+敬称をつけて登録すれば良いという事になります
敬称を省略しない場合でも、間違って名前に 山田 太郎 先生と登録されていても、先生様にはなりません
再配置を行わない方法
[image]

再配置を行わない指定もあります
呼び出し元のエクセルでは 宛名1~宛名4が指定されています
呼び出し元で同じ位の文字数になるように調節しています 再配置をしないので前後にスペースを入れて結果的に字下げをしたり
間にスペースを入れて均等に割り付ける事もできますが、出力する用紙設定とマッチしている必要があります
上記の場合に行数3を指定するとそのまま非表示になってしまいます
一つのデーターで、いろいろな用紙に対応させる事はできません

前のページへ     このページの先頭へ     次のページへ