PC-CIRCLE | pcScan
kbDoc

このサイトはkbDocで作成しました

kbDocの特徴

ネットワークで共有する
アイデアプロセッサです

HTMの知識は必要ありません
コンテンツを作成する人は、内容に集中できます


知識ベースを構築します
業務知識や関連文書はデーターベースに一元化して活用できます
会議資料、計画書・報告書は、相互リンクを保持している事が大切です


サイトを構築できます
ツリー構造を基に、Webサイトを構築できます。配色・ロゴ等のデザインや、サイトのメンテナンスからFTPへの同期まで、操作は簡単です

EPubに出力できます
電子書籍に出力すれば、iPad等のリーダーで読むことができます
社内通達・社内報・業務運用マニュアル等で、Epub書籍は今後利用度が高まります


ノード単位で入出力できます
各文書は固有のIDを持っています。ノード単位でエクスポート・インポートを複数回行っても、二重化しないでマージされますので、分散しての作業が可能です

kbDocの利用

会社の業務マニュアル

複数の部門で並行してページを作成できます
多重参照が可能なので、文書を二重化させないで、対象者別のマニュアルを作成する事ができます


業務知識・製品知識
より専門的な部分は、取引先等で作成してもらいマージする事もできます
製作コストも抑えられ、内容が風化せず、最新の状態を維持できます


自社サイト、又は追加部分
既にサイトをお持ちの場合でも、より詳細な追加ページを自社で作成する事で、経費を抑え、修正が即時に対応できるようになります
新規にサイトを開く場合でも、ある程度自社努力でコンテンツの骨子を作成してから、純粋にデザイン部分だけ外注すると、工数もコストの抑える事ができます


地域振興マップ作り
ホテルの施設案内だけではなく、散策コースや、史跡・自然・暮らし・産業等、多くの人の協力で、地域全体のコンテンツを作る事ができます

趣味のガイドブック
サイクリング、山歩き、釣りなどエコなスポーツの輪を広げるガイドブックをEpubで作成して情報交換できます

個人で使用
自分の考え等を、文書で表現する能力は、会話能力やプレゼンテーションの能力も向上させます
特に学生の方にお勧めです


kbDocのお求め

      kbDocはシェアウェアです
      \4,500(1ライセンス) です
      Vectorでお求めになれます

  導入サポートも行っています
title

pcScan ver 2.0

-----  FreeSoftです ダウンロードは右記ページから   ダウンロード
pcScan
カタログから必要箇所だけ、連続してスキャンするような時に便利なツール です
一般の画像ソフトですと、次々に新しいウィンドウを作るので、あまり枚数が多いとメモリを使いすぎてしまいますし、把握しにくくなります。 pcScanは、スキャン発生と同時に、指定の方式で連番をつけて保存されます
保存されて画像を呼び出して、必要な補正が行えます(トリミング・リサイズ・減色等)
(pcEdAと合わせて使うと、細かい補正や特殊効果等の指定も簡単です)
スキャン
上のプルダウンメニューからスキャン→実行でスキャンを開始します
スキャナのダイアログが表示されます (この右の画面はスキャナによって異なります)

[image]
スキャナがスキャンを終了すると自動的に、画像を保存します
上の例は、マルチクロップ(Canonのスキャナで複数の指定範囲をスキャン前に指定できる)を指定しています
スキャナのダイアログを開いた状態で、次々とスキャンを続けて下さい
通常の画像アプリですと、次次とウィンドウを開いていくので、あまり連続するとメモリいっぱいで不安定になったり、最悪ハングしたしてしまいますし、あとで順に保存するのも大変です pcScanは何枚続けても問題ありません
自動保存されるファイル名
保存する画像ファイルは BMP又は TIFFです
保存するファイル名は、プレフィックス-連番で指定します
例えば、上記のように B-005と指定すると、ファイル名は B-005.tif, B-006.tif, B-007.tifとなります
プレフィックスなしで 006と指定すると 007.tif, 008.tif, 009,tif, 010.tifとなります
一括で読み込んだ場合に、どの書類(又は書籍) の何ページ目かわかるファイル名にして下さい
全部スキャンしてから、必要な加工をする
[image]

スキャンした画像が少し曲がっていた場合に、補助線を指定して補正できます
必要な部分だけトリミングをする等の、使用度の高い処理を簡単に指定できるようになっています
pcEdAを呼び出す
連続スキャンした画像は作業フォルダに保存されています
細かい補正や、特殊効果・ツールバーを使った加工などを行う場合は、作業フォルダをpcEdAで開くを指定して下さい
( pcEdAがインストールされている場合 有効)
[image]
応用 OCR画像を取り込む
例えば、価格表等をOCR読込する場合に、OCRのソフトウェアーで認識する画像を、あらかじめこのpcScanで読み込んでおくと効率的です
  1. 連続してスキャン枚数が多いので、自動的にファイル名を決めて保存してくれると楽
  2. OCRのソフトウェアーではマルチクロップのような機能には対応してない(全体を読んだ後に認識範囲を複数設定する方式)
  3. 傾きを調整して、不要な部分はトリミングしておく方が作業がすすめやすい
尚、OCR用で取り込む場合は、グレースケールで解像度を300~500位に設定するとよいようです

前のページへ     このページの先頭へ     次のページへ