PC-CIRCLE | kbDcR
kbDoc

このサイトはkbDocで作成しました

kbDocの特徴

ネットワークで共有する
アイデアプロセッサです

HTMの知識は必要ありません
コンテンツを作成する人は、内容に集中できます


知識ベースを構築します
業務知識や関連文書はデーターベースに一元化して活用できます
会議資料、計画書・報告書は、相互リンクを保持している事が大切です


サイトを構築できます
ツリー構造を基に、Webサイトを構築できます。配色・ロゴ等のデザインや、サイトのメンテナンスからFTPへの同期まで、操作は簡単です

EPubに出力できます
電子書籍に出力すれば、iPad等のリーダーで読むことができます
社内通達・社内報・業務運用マニュアル等で、Epub書籍は今後利用度が高まります


ノード単位で入出力できます
各文書は固有のIDを持っています。ノード単位でエクスポート・インポートを複数回行っても、二重化しないでマージされますので、分散しての作業が可能です

導入サポート致します

(株)サークルでは、導入サポードを行っています

現在Webサイトをお持ちでない方は、Webスペースを確保して、ファイル転送の設定をするのは、少し難しく感じられると思います。
Webスペースは、現在契約しているプロバイダーのサービスを利用するのが一番良いでしょう
次に、データーベースですが、文書入力するPCが2~3台であれば、アクセスで十分です
それ以上であればMSDE (SQL Server の無償で提供されるバージョンです)から初めても良いでしょう


個人でご利用
1台のPCにインストールして、データーベースはアクセスを使用します
FTP等の環境設定と、簡単なレッスンを行います
pcEdA を使った画像の操作と、実際にロゴ画像と、タイトル画像を作成し、テンプレートファイルを作り、FTPに転送するまでを行います


法人でご利用
文書入力を行うPCに、kbDocをインストールします
データーベースの環境設定と、Webスペースの設定を行います
必要に応じて、読込専用のPCに kbDcRをインストールします(これはライセンスフリーです)
集合で、簡単なレッスンを行います


title

kbDcR


kbDcRはkbDocの読込専用版です

知識ベース(ナリッジ)を共有する場合に、社内Webサイトで公開すると、社内の各PCからそれらを参照することができます
一方、txdb形式の文書データーベースを、一つのブックとして配布するという方法もあります
大きなナリッジのデーターベースを共有するのではなくて、ここのtxdb形式のファイルを共有フォルダに置いてライブラリ化する方法です

例えば、繊維の知識.txdb 衣料品の取り扱い.txdbの様にわかりやすくネーミングしておきます
このような場合、社内の各PCにkbDcRをインストールしておくとライブラリを共有できます

kbDcRの操作画面

読込専用なので、とてもシンプルな画面です
文書画面でコピーはできなくなっています (転用防止の為)

左のタブで文書データーベース全体からの検索ができます
[image]

文書全体に目を通す

kbDoc同様に文書全体に目を通すという機能があります
自動的にぺーじ送りをします

[image]

尚、ページめくりをしていくので、スクロール範囲の外は表示されません
文章全体に目を通す場合は PageDowmを連続して押して下さい (ページの最後で自動的に次のページに移動します)

起動設定

起動設定で、拡張子のtxdbをこの kbDcRと関連づけを行うと、txdbファイルを指定するとエクスプローラーなどで、ファイルをクリックすると、kbDcRを起動して、指定のファイルを開きます

kcDocと両方使う場合は、ショートカットを「送る」において使い分けをして下さい
[image]

印刷プレビュー

印刷は印刷プレビューの画面から指定して下さい
[image]

パラメタを渡して起動させる

txdbファイルを引数として渡して起動すると、そのファイルを開いて kbDcRが起動します
更に2番目の引数として、文書Noを指定すると、分脈ツリーはその文書まで展開して、その文書を開きます

例えば、エクセルで業務プログラムを作成した場合に、kbDcRはヘルプとして機能します
又、ワード文書にモジュールでより詳しい内容への起動ボタンを追加する事も可能です


前のページへ     このページの先頭へ     次のページへ